メイン画像

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、歯を削らないで白くできる治療法です。

ご自宅で行うホームホワイトニング、医院の診療室で行うオフィスホワイトニング、二通りの方法があります。

ホームホワイトニング(自宅で行う方法)

口腔内のすべてがホワイトニングの対象で、現時点では最良の結果が得られる方法です。また、オフィスホワイトニングより白くできる限界が大きくまさるため、「白く美しい歯」を求める場合は、最適です。

  • 透明感を伴う自然に近い違和感のない白さが得られます。
  • 歯や唇の粘膜組織にやさしい薬剤を使用します。
  • 最低でも2~3週間程度の期間を必要とします。

アメリカでは90%の歯科医がホームホワイトニングを主体とした治療を行っています。

ホームホワイトニング治療のステップ

ステップ1

診察、問診、レントゲン
  • お口の中のチェックをします。
    「歯磨きはできていますか?」
    「虫歯や歯周病はないですか?」
    「知覚過敏はないですか?」
    「根の先の状態はどうですか?」
  • 病歴、生活習慣についてお聞きします。
  • 適応症または禁忌症の判断をします。
  • 虫歯、歯周病があれば治療を行ってからホワイトニングへ進みます。
コンサルテーション
ホームホワイトニングについて説明します。
(治療内容、治療費用、希望の色調、注意点など)

ステップ2

ホワイトニング術前の記録、測定
  • 口腔内写真撮影
  • 色調(シェードガイドで歯の色をチェックいたします)
歯面清掃(PMTC)
歯石除去は、歯周病治療時に行います。
歯型を採取
カスタムトレー(専用トレー)を製作するために歯型を採ります。

ステップ3

チェック
できあがったトレーに違和感がないかチェックします。
装着練習
ホワイトニング剤の使用法、トレーを装着する練習をします。
ご説明
ホワイトニング実行中の注意事項をお話します。
お渡し
必要な器材をお渡しします。

ホームホワイトニングを実行

  1. ていねいなブラッシングをして歯の表面に付着した汚れを取ります。
  2. トレーに薬剤を適量入れ、装着してください。
    濃度に合わせて装着してください(就寝中でも構いません)。
    ご自分のペースに合わせて行ってください。
  3. 終了後はブラシッングして残っている薬剤を落としてください。

1週間ごとに診察して経過を診ていきます

ステップ4

個人差によってホワイトニングの期間が変わります。ご相談ください。
1週間程度経過した後
  1. ホワイトニング治療経過、確認
    どの程度の白さが得られたか確認します。(口腔内写真撮影)
    不都合が発生した場合は対策を講じます。
  2. フッ素塗布します
2週間目~4週間、1週ずつ来院、その後完了まで
  • ホワイトニングを上下顎ともに実行してください。
  • 定期的にホワイトニング剤をお渡しします。期間中に知覚過敏や、しみる場合は1日ごとに行ってください。
使い方:
ホワイトニングを行う前に知覚過敏抑制剤をトレーに入れて1時間ほど装着します。
使用後は、ブラシッングして通常通りにホワイトニングを行います。トレーも洗浄してください。

ステップ5

ホワイトニング完了、メンテナンスへ。

  • ホームケアではていねいなブラシッングを心がけてください。
  • たばこ、コーヒー、赤ワインなど着色する物は控えるほうが無難です。
  • 定期的に予防メンテナンスでクリーニング(PMTC)を受けることをおすすめします。

オフィスホワイトニング(診療室で行う方法)

オフィスホワイトニングは、一度の通院で「ある程度の白さ」を得られるため 「急いで白くしないと間に合わない」などという場合には、この方法をお奨めします。

全ての歯を白く改善することができないため、ホワイトニングしていない歯の色調が目立つかもしれません。前歯など人目がつきやすい一部の天然歯だけが対象となります。

メリット

  • 一度の通院で「ある程度の白さ」を得られることが最大の特徴
  • 一般の治療同様、歯科医・衛生士が行うので安心

デメリット

  • 短時間で効果を得られる半面、効果は元の状態に戻りやすい
  • 高濃度の薬剤を使うため、歯の表層のみが白濁して不自然に見える場合がある。

着色もヤニもきれいに落として気分もリフレッシュ

歯面に見られる着色の代表に、タバコのヤニがあります。タバコのタールは、ガス状に排出されるために、歯のいたるところ(特に歯の裏側)に付着します。

着色の原因着色の原因は、タバコのヤニだけではなく、コーヒーの色素(ステイン)や茶渋など、様々な色素が歯面に付着しておこります。

『こういった色素や汚れは、毎日どんなに丁寧にブラッシングをしても、完全には取りきれないものです。 またこの色素に歯石が沈着すると、ますます取れにくくなります。』

歯の黄ばみが、タールによるものでしたら、『エアフロー』の処置を受けることにより、びっくりするほど黒いステインが取れ驚かれることと思います。

ホワイトニング

歯を削らずに白い歯があなたのものに

※ホワイトニングにはブライダル割引(10%)があります。

ホームホワイトニング

治療内容 金額 備考
初回薬液込み ¥30000(税別)
  • 濃度10%→8~10時間
  • 濃度20%→2~4時間
  • 濃度35%→30分
ホワイトニング剤のみ1本 ¥2500(税別)

オフィスホワイトニング(院内で1~2回)

治療内容 金額 備考
上顎 ¥30000(税別) 2回目以降は半額になります。
下顎 ¥30000(税込)

症例

症例1
歯の表面の黄ばみがとれ、自然な白さを得られました。
症例2
ページ上部へ戻る